税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ダイヤモンドネックレスは永遠の煌き!
あくまでも清楚にあくまでも慎み深く輝き続ける・・・
主張しすぎないからフォーマルにもディリーにもつかえる♪


他の宝石と一線を画すダイヤモンドは、女性にとって永遠の憧れ♪
高品質ダイヤペンダントは、清楚で気高くありながら嫌味がないので、フォーマルだけでなくデイリーにも使える。
ジュエリーモナミでは、高品質のダイヤモンドネックレスを、お求め安い価格から色々取り揃えています。
いくつかお気に入りを見つけて是非ゲットして下さね。
幾つか持っていればお洒落の幅も広がります!
ダイヤモンドの永遠の煌きは永遠の愛の輝きです。
 ご自分用に、あるいは愛しいあの方へのプレゼントに、母の日の贈り物にも最適です。
ダイヤモンド ペンダント&ネックレスはチェーンも大切な要素。デザイン、品質にもこだわっています。

ダイヤモンドネックレス カテゴリー

一粒ダイヤネックレス

ダイヤモンド ハートモチーフペンダンド

ダイヤモンド フラワーモチーフペンダンド

ダイヤモンド 馬蹄(ホースシュー)モチーフネックレス

ダイヤモンド クロスモチーフネックレス

スリーストーンダイヤモンドネックレス

プリンセスカットダイヤモンド ネックレス

ダイヤモンド イニシャルペンダント

その他のモチーフダイヤモンド ネックレス

ネックレスのはじまりと歴史

装身具である首飾りは太古の昔より存在しています。
古墳からは勾玉などが出土しますし、古代エジプトの貴族たちの首にはすでにネックレスが掛けられています。
さて、では。このネックレスという装身具はいつごろから使われていたのでしょうか?

《ネックレスのはじまりと歴史》

太古、貝殻や動物の牙や骨、石などを、植物で作った縄のようなものに通した装飾品を作って身につけていたのが、
ネックレスの始まりと想像されます。
日本の古墳からは、古代の日本における装身具の一つである勾玉(まがたま、曲玉とも表記)が出土します。
詳細は良く分からないけれど、語の初出は『記紀』で、『古事記』には「曲玉」、『日本書紀』には「勾玉」の表記が見られます。
語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力であり、あなに紐を通して首にかけていたと考えられています。

占いやお守りの意味があったにせよ形的にはネックレス(首かざり)であり充分に装身具であります。

古代エジプト時代には、ピラミッドの王族が、宝石のついたネックレスを身につけていました。
ローマ時代には、貴族の女性たちが、金の枠にたくさんの色鮮やかな宝石をはめ込んだネックレスで身を飾っていました。
この時代は女性の専用物ではなく権力や経済力のあったオトコもしていたようです。オトコも

これがヨーロッパに伝わると貴族たちに愛され大流行します。
誰だって着飾ることは好きですし本能です。経済が豊かになればなるほど発達することは否めません。

18世紀頃、フランスの宝飾技術(宝石の研磨やカットなど)が急速に発達したことによって、ネックレスはヨーロッパ全土に広まりました。
そして、その頃のヨーロッパの上流階級では、胸元が大きく開いたドレスとともに、花やリボンのモチーフペンダントが人気となりました。

当然ネックレスには貴金属が使われ宝石が使われますから上流階級のみの嗜みだったのは確かです。
その後、ネックレスはファッションの発展とともに無くてはならないモノへと珍重されるアイテムになっていきます。

それがやがて大衆にも広がっていったのは、産業革命とともに社会全体が成長し豊かになると、
これまで身につけることができなかった一般大衆にも浸透し始めました。

貝殻や石、骨から始まったネックレスは、真珠、宝石、ゴールド・シルバー・プラチナなど貴金属に広がり、
化学製品のプラスチックなど、素材は多種多様となります。
そして現在では、男女問わず多くの人々のファッションの定番アイテムとしての地位を築き上げられているのです。

《ネックレスの役割》

しかし、その当時は現在のようにオシャレをするという目的でネックレス身につけていたわけではなくて、
その者の身分を証明するための免許証みたいなものだっようです。
つまりそれをるけることは富の象徴である、権力の象徴です。

また神に仕える者の象徴でもあったようです。
現代にものこるキリスト教徒の十字架のネックレスはその典型です。
豊作などを願うときの道具として使われたり、ときには占いなどにも専用の道具として利用されたりしました。

ネックレスをきれいで美しいものとして着飾るようになったのは、
ネックレスが生まれてからもうちょっと後のことになります。  

それが貴族の階級が生まれた時代で、貴族階級の女性たちは
ネックレスに付いた宝石の美しさやどれだけ高価な物なのかを競うようになっていきます。
胸元を大きく開けたドレスとともに男性へのアピールポイントにもなったのではないでしょうか。

現在ではオシャレという目的のためのネックレスではありますが、
もう一つの目的として、健康の為というのがあります。
この健康のために磁気ネックレスやパワーストーンを使ったネックレスをしている人も増えてきています。


《ネックレスの種類》

・ペンダント

ペンダントはネックレスと並んで、おなじみのジュエリーになっています。
ここで質問ですが、みなさんはネックレスとペンダント、
この二つのアクセサリーの違いは分かりますか?
ペンダントはチェーンの先に装飾品がついているものをいいます。
この装飾品はペンダントトップといいます。
ネックレスは首にかけている物それ自体が装飾品となっているものをいいます。
またこの二つをまとめてネックレスと言っている方も多いです。

ペンダントトップはカラーストーンや宝石が使われていたり、クロス、ハート、ホースシューなど様々なフォルムがあります。 の形を
したものだったり、そのバリエーションはとても豊富です。

・ラリエット

このラリエットもネックレスの仲間になります。
ラリエットは、投げ縄に由来して名付けられた、首または髪の毛に着けるひも状の装身具です。
真珠や金属、天然石などの素材が連なった形状をしており、ネックレスと似た使い方をされることも多いが、
留め金がない点と、頭部の装飾にも使われる点で、両者は区別されています。
輪にするための留め金がないため、首に巻いて垂らす場合は、自らの重み、または飾りを兼ねた錘で安定させています。
髪の毛には、単に乗せて自重で安定させるか、または結った髪に編み込んだり、
ヘッドドレスやベールなどの髪の毛に固定する機能を備えた装身具と組み合わせて使われることも多いです。

カートに入れる

カテゴリー

ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダンシングストーン あこや真珠

ダイヤモンドネックレス カテゴリー

ダイヤモンドネックレス

ギフトも賜ります

今月のおすすめ商品

”蹄鉄の両端を上に向けて置いておくと、やってきた幸運を逃がさない”と言われています。

幸せを呼ぶホースシュー♪
ダイヤモンドネックレス

ダイヤネックレス入門プライス♪ お求めやすい価格のダイヤモンドネックレス満載!

1万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

プラチナやゴールドなどの貴金属を使用したお求めやすい価格のダイヤモンドネックレスのコレクションです。

1万円~2万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

ダイヤモンドネックレスの王道一粒ダイヤをはじめクロス・ハート・馬蹄・フラワー・イニシャルペンダントなど多彩なラインナップでのご提供です♪

2万円~3万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

ダイヤモンドは女性にとって永遠の憧れ・・・ いにしえから女性たちを魅了し続ける永遠の輝き・・・

3万円~4万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

ダイヤモンドネックレスは、エンゲージリングと共にエンゲージネックレスとして贈る方が増えています。

4万円~5万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

色褪せることのない定番のジュエリー、一粒ダイヤモンドのネックレスは年齢を重ねてもずっとつけられるものがいいですね。

6万円~7万円までのダイヤモンドネックレス&ペンダント

店長

ダイヤモンドは永遠の輝き、愛の象徴です。
「ジュエリーMonami」ではお買い得なダイヤモンドジュエリーを多数掲載しています。
愛するあの方への永遠の愛の証。贈って嬉しいダイヤモンドジュエリー。貰って嬉しいダイヤモンドジュエリー。
ジュエリーMonamiのダイヤモンドジュエリーをどうぞよろしくお願いいたします。
セキュリティ対策には万全を期し、個人情報などは厳重に管理しております。
 どうぞご安心してお買い物をお楽しみ下さいませ。
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」